街角の花園 Roadside Garden

アクセスカウンタ

zoom RSS ペチュニアとサフィニア

<<   作成日時 : 2017/05/24 19:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

画像

 フラワーショップのペチュニア類の棚には彩さまざまな品種が競い合うように並んでいます。 
 私にとっては目新しいものを3ポット選んで買ってきたのですが、定植しようとラベルをよく見ると、二つにはペチュニア、いま一つの真っ赤な花のラベルはサフィニアでした。
 源頼政の「何れ菖蒲か杜若」をまねれば「何れがペチュかサフィニアか」で、違いがさっぱりわかりません。
 そこでいつものようにネットで調べてみました。
 違いがわからなかったのは、花の形態だけをみていたせいでした。
 サントリーが作出したこのサフィニアは、それまでの品種の弱点だった長日性という性質を、新しい野生種との交配で克服し、花期が春から晩秋までの長期間に伸びたものでした。
 育種家たちの新しい品種を生み出そうという情熱には、いつも驚かされます。
 最近は明るい黄色の花を咲かせるペチュニアが遺伝子操作によって生み出されたと聞きました。
 エデンの園を追われたヒトは文明を築き、エデンをまねて「ヒトの花園」を作りました。そしてその花園の花守たちは「神の花園」で採集した花々に様々な手を加えて、「ヒトの花園」以外では生きていけない美しい花々を生み出しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペチュニアとサフィニア 街角の花園 Roadside Garden/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる