街角の花園 Roadside Garden

アクセスカウンタ

zoom RSS シキミ

<<   作成日時 : 2017/04/11 17:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

 大井川用水の流れる側溝の際の、住む人の気配が消えて久しい邸宅の庭から歩道に枝垂れてきたシキミに、黄緑色の葉叢に隠れがちに、蝋細工のような花が咲いていました。
 有毒植物で、昔は野焼き場や墓所に、野獣除けに植えられることが多かったという木ですが、あの庭を造られた方はどんな思いだったのでしょう。身近な仏壇に供えるための定植でしょうか。

 あか水にしきみの青葉きりうけてささげもたればぬるるそでかな  藤原光俊

 あるいは、葉や樹皮を乾燥させて、その香りを聞くつもりだったのかもしれませんね。
 
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めて見る植物で、不気味な花だなと思って
いたら、川原慶賀の植物図譜展を見に行った時
シキミが描かれている絵がありました。
先生の写真を思いだしました。




yukiwarisou
2017/04/20 22:24
コメントありがとうございます。
川原慶賀の画才にはシーボルトも一目置いていたようですね。
フローラ・ヤポニカの冒頭にシキミが紹介されていますが、残念ながら慶賀のそれではなくミーシンガーという画家の絵が採用されていますね。
シーボルトは中国からの渡来種だと記していますが、自生種のようです。
リコリス
2017/04/22 19:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
シキミ 街角の花園 Roadside Garden/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる